プレスリリース

配信時間: 2016年3月23日

Alerts Login


Tokyo, Mar 23, 2016 (Global Fashion Wire) - -『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』が2016年4月15日(金)にオープン-
『Villa Kaleidos』出店申込受付開始

ラリス株式会社(代表取締役社長:松岡久美子、所在:東京都港区元赤坂1 丁目)は、4 月15 日(金)にオープンするインターネット・ファッション・ショッピング・モール『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)/http://www.villakaleidos.jp』について、同モールへのショップの出店申込みの受付けを3 月1 日から開始します(※3 月1 日現在、既に契約店舗 があり、320 点の商品アイテムを出品中。出店申込みの期間中はモールを一般公開していま せんが、当社にお問い合わせいただければ、出店申込み希望者及び報道関係者の方に限り、閲覧を可能にするベーシック認証のID とPASS をお知らせします)。



ファッション・ショッピングモール『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』は、秘密の別荘(villa)にコレクションされている、こだわりのアイテムが織りなす万華鏡(kaleidoscope)のごとき絢爛たる世界をコンセプトとしたモールです。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、工業製品のように大量生産されたモノからは決して感じ取ることができない、作り手のこだわりが詰め込まれた服やアクセサリー(いずれもメンズ及びレディース)などを中心に販売していく方針です。

特に、出店を募集するショップについては、「アルチザンブランド(芸術的な創造性を重視するブランド)」「モードブランド」「コレクションブランド(国内外問わず)」等のファッションジャンルを取り扱うショップを主要な対象としながら、誕生したばかりでも実力のある新興ブランドや、未だ国内では知られていない魅力的なブランドを扱うショップなどの出店も広く募集。取り扱うブランドの平均価格帯は、アウター(平均14 万円)、トップス(平均6 万円)、パンツ(平均5 万円)、シューズ(平均12 万円)、アクセサリー(平均45 万円)等を想定しています(※平均価格帯は目安となります。在庫の状況が常に変動しており、2 月時点の契約店舗の仮出品アイテム320 点を対象に算出しています)。

上記のような各種ブランド、価格帯の商品を取り扱うセレクトショップ、ブランド直営ショップ、アクセサリー専門店等をメインターゲットとします。

この方針のもと、ファッションにひと一倍関心を抱き、ファッションへの投資を惜しまない国内外の"ファッションフリーク"を顧客に多く抱えるショップの集積を図っていく考えです。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、「同モールでのファッションブランドとの出逢いを通して、ブランドが持つ芸術性や創造性に触れながら、そうしたブランドの商品を身につけること若しくは所有することへの大きな喜びを顧客が抱くこと」を目指しつつ、「モールを利用する顧客にとって、ショッピングの前後で楽しめること」を運用のコンセプトとして掲げています。具体的には、①ファッションフリークにとって刺激的且つ憧れのブランドを数多く取り揃えること、②取り扱うブランドが持つ世界観を大切にするため、不特定多数を対象としたセールや過剰なポイント還元を行わない代わりに、会員限定のシークレットセールを設けること、③会員登録した顧客に対して、購入した服に愛着が湧く、アートギャラリーをイメージした新感覚の購入履歴のページを提供すること、④ポイント還元サービスとして、購入ポイントを貯めると『Villa Kaleido(ヴィラ・カレイド)』が厳選した飲食店で割引クーポンが利用できること、⑤ファッションに関連した、想像力を刺激するミステリー短編小説を定期的に掲出すること、⑥ファッションフリークの感性に刺激を与えるような強烈な個性を持ち、時代の空気にも適応したコンテンポラリーなアート作品を紹介することなど、他のインターネット・ファッション・ショッピング・モールでは見られない6 つのサービスを提供することが挙げられます。

また、出店するショップに対しては、モールの使いやすさ(利用価格及び出店管理費等がリーズナブルなこと)を基本としながら、ショップの認知度の向上や新規顧客獲得の促進を実現するため、ショップやブランドなどについての様々なニュースを報道機関に提供する広報サービス(オプション)を用意するなど、ここでも他のインターネット・ファッション・ショッピングモールにはないビジネスモデルを提案していく考えです。

なお、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、国内外のハイブランドの販売だけに留まることなく、ハイファッションとアート(芸術分野)の融合も訴求していきます。 ファッションとアートに纏わる様々なカルチャーやライフスタイル等も多角的に紹介することを通して、ブランドを産み出したクリエイター、それらの素晴らしいアイテムを販売するショップ、そしてアイテムを手にする顧客などがひとつの線でつながり、ともに共感しあえる "至福=至服"の空間を目指していきます。

■ 一般利用者に向けた訴求ポイント

1.) 生産数が少なく、国内で取扱いが少ないハイブランドをモールに集積




『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、ファストファッションとは対照的な、少量の生産で国内の流通も限られているブランドを中心に販売します。こうしたブランドは、実店舗などで取扱いはあったとしても、顧客が欲しいサイズやカラーが欠品していたり、数少ない取扱店舗を探すこと自体にも手間が掛かるため、同モールに集約し提供することによって、ファッションフリークの満足度、利便性を高めていきます。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』の閲覧は、スマートフォンともに同期しており、端末のモニタ(平均的なモニタサイズ)に合わせた見やすいレイアウトで表示。時間や場所を選ばず、外出先でも手軽に閲覧・購入することが可能です。

2.) 『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』会員限定のシークレットセールを開催



『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、ブランドが持つ価値観や世界観を壊さないようにするため、タイムセールや過剰なポイント還元などのセールを行わない代わりに、顧客のファッションフリークと、その予備軍のための会員限定シークレットセールを行います。

この会員限定シークレットセールは、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』で取り扱うブランドをこよなく愛する顧客を対象に、同モール参加ショップの店頭セール価格よりも更に買い求めやすい価格で提供しますが、あくまでもファッションフリークを支援するための企画と位置づけ、通常のバーゲンセールとは異なった位置づけで実施します。 そのため、非会員の方にはシークレットセールのアイテムが表示されない方式を採用し、会員登録(無料)することで閲覧できるような仕組みにしました。更に、会員限定シークレットセールは、ショップ毎に不定期で実施され、一度ショップで買い物をした会員の方には、ショップから優先的にセールの時期などをご案内します。

3.) アートギャラリーをイメージした購入履歴の閲覧が可能



『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』で購入した商品については、まるでアートギャラリーで芸術作品を鑑賞するかのように、額の中に表示して閲覧することが可能です。仕組みとしては、商品カテゴリー毎(トップス、パンツ、シューズ等)に、システム側が自動的に整理して購入商品の画像を表示。たとえば、顧客が実際の店舗で買い物する時にも自分がこれまでに購入した服と照らし合わせながら、コーディネートを考えるなどして楽しんでいただけます。現在、他のショッピングモールでは、ショップのコーディネート例等を掲載するケースが多い中、自分の持っている服(購入した服)を見直し、自分の持ち物からコーディネートを想像しながらお買い物を楽しむための提案です。

※注)ショップ側で履歴情報を削除した場合、テキスト情報の履歴だけ残り、画像データは閲覧不可となります(額の中に表示される画像も削除されます)。

4.) 購入ポイントで食事が楽しめる『Villa Kaleidos』ならではの特典



『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』は、ポイントの還元方法も、他のインターネット・ファッション・ショッピングモールとは全く異なります。

具体的には、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』の買い物で溜まったポイントをモールに申請していただくと、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』と提携する飲食店で利用できる割引クーポンが発行されます。対象店舗となる飲食店でモールから発行されたクーポンを提示すると、飲食代の割引サービスが適用されます。『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』で購入したお気に入りの服やアクセサリーを身に着けながら、大切な人と食事を楽しんでいただくことが出来ます。 なお、2016 年3 月現在、既に加入している店舗があり、ディナーの平均単価にして2~3万円程度の飲食店が参加しています。

5.) ファッションに関連したミステリー短編小説を掲載

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』のハイファッションやアクセサリーなどを取り揃えたエントランス(トップページ)には、ファッションに関連したミステリー短編小説を定期的に掲出します。

外資系大手アパレル企業の広報や編集者としての経験を持つ雨見恵介(ペンネーム)が執筆を担当し、実体の無いイマジネーションの世界を通じて、モールの顧客の想像力を喚起していきます。他のインターネット・ファッション・ショッピングモールにない、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』独自のコンテンツです。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』は、単にファッションアイテムを販売するだけのモールに留まらず、ファッションフリークを楽しませるための多彩な企画を、その都度検討していきます。

6.) アート作品を公開(第一弾は、現代アーティストのHIROを紹介)

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』で取り扱うハイブランドやアルチザンブランドは、それぞれのアイテムから、モノ作りへの徹底したこだわりが漂ってきます。『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、そうしたブランドのモノ作りに対する真摯な姿勢にも通じる要素を持った様々な「アート」にもフォーカスしていきます。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』でショッピングを楽しむファッションフリークの感性に刺激を与えるような強烈な個性を持ち、時代の空気にも適応したコンテンポラリーな要素を持ったアートを通して、ファッションにも共通するクリエイティビティを感じ取ってもらうことが、この企画の大きな目的です。企画の第一弾として取り上げるアーティストは、現代アーティストのHIRO です。

また、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、単にアート作品を紹介するだけでなく、モールで取り扱う様々なファッションブランドやショップとアートとの有機的な融合を目指します。たとえば、各ブランドのクリエイティブディレクターとアート作家とのコラボレーション(各種エキシビション等)の実施や、モールに出店しているショップ店頭でのウィンドウディスプレイの制作などを想定しています。モノ作りへのこだわりを持ったブランドやショップとアートとの高い次元での融合によって、ブランド、ショップおよびアートのそれぞれが一層の輝きを放つことを期待しています。

〈HIRO プロフィール〉

※当社は、2015年5月20日にHIRO氏と専属マネジメント契約を締結しています。

HIRO は、映像ディレクターとして約15 年のキャリアを持っています。

「ゴッドファーザー」デジタルリマスター映画予告編制作の際に、フランシス.F.コッポラ監督から直接クオリティについての評価を受けるなど貴重な経験を得ました。その後、ウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル(ジャパン)とフリーランス契約を締結。最近では、「トランスフォーマー アドベンチャー」エンディングのディレクターを務めました。現在は、現代アーティストとして自身の展開する「モーションペインティング」という概念のもと、動く墨絵を制作。海外での作品展示を中心に活動しています。

■ 出店する企業(ショップ)に向けた訴求ポイント

ターゲットのセグメントと使いやすさ(価格及び操作)に優れ、広報サービス(オプション)も提供する画期的なモール

インターネット上の大手のショッピングモールの場合、あらゆるジャンルの商材(ファッションだけでなく、食品、家具、電化製品等々)が扱われているため、モール全体の集客数には期待できても、顧客のニーズは多種多様で、その全員が必ずしもファッション分野に興味がある訳ではありません。モールへの出店を検討している企業(ショップやブランド等)にとっては、単に集客や運用コスト等だけでは測ることができない課題が多く含まれているといえます。

『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』は、幅広い分野の商材を扱う大手ショッピングモールとは異なる対照的な位置にあり、ファッションフリークのためのファッションアイテムもしくは関連アイテムのみを取り扱うため、その顧客も「何よりも服が好きで、できるだけクオリティの高い良い商品を手にしたい」という志向の層(ファッションフリーク)、もしくはこれから様々なブランドの服を着てみたいと思っているファッションフリークの"予備軍"に絞られると想定しています。

その一方で、インターネットのショッピングモールで重視される集客については、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』の場合、モールへの集客を能動的に高める手段として、非常に大きな強みがあります。

それは、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』を運営するラリス株式会社の基幹事業のひとつとして、アパレル企業、商業施設、百貨店などを取引先とする、戦略的且つ専門的な広報業務の実績が多数あることです。その実績とノウハウを活用して、同モールの広報活動はもちろんのこと、出店企業に対しては広報サービス(プレスリリース配信サービス等・2016 年度中に開始予定/※有料によるオプション・プラン)を提供します。

こうした広報サービスを備えたインターネット・ショッピングモールは、他には無く、業界初の試みで大きな特徴のひとつといえます。

そして、昨今のインターネット・ショッピングモールにおけるマーケット状況を考慮して、モールへの出店を検討する企業にとって、適正価格且つ使い勝手の良さ(HTML などの専門知識がなくても簡単に使える)を実現しました。

このほか、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』では、他のモールで行っていないような出展企業向けのサービスを多数検討しており、海外や都市部だけでなく全国各地に散在しているファッションフリークを中心に、同モールや出店ショップ及び取扱い商材の認知度を高め、顧客の利用を拡大していく方針です。

なお、出店に関するサービス概要は、次項をご参照ください。

プレスリリースを表示するには、次のURLをクリックしてください:


概要 Laris, Inc.

平成6 年3 月に設立。現在はアート・プロデューシング、経営コンサルティング、PR(パブリックリレーションズ)、EC 事業『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』の主に4 つの事業を展開しています。

ファッションEC 事業については、『Villa Kaleidos(ヴィラ・カレイド)』のオープンを契機に、広報活動のクライアント実績(外資系アパレル企業、商業施設、百貨店などの各種大手企業)を活かしながら、新たなインターネット・ファッション・ショッピングモールの確立を目指していきます。


  関連企業

>>>    Laris, Inc.

  関連業界トピックス:


サイト内検索

 
 日本語   全言語

ニュースの企業